セルフ・ネグレクトと孤立死との関係性

孤立死とセルフ・ネグレクト(自己放任)との関係。

セルフ・ネグレクトとは、

“高齢者が通常、生活において当然に行うべき行為を行わない、あるいは行う能力がないことから、自己の心身の安全や健康が脅かされる状態に陥ること”を指し、

認知症等により判断力・意欲の低下がある場合を含むと定義されています。

意欲が低下し、社会との関わりを絶とうとする傾向が強くなるようです。

これは、孤立死の問題に対して大きく影響していることです。

 

《遺品整理・特殊清掃》

遺品整理であると便利な伸縮キャタツ

こんにちは吉兵商店の上村です。

はしご兼用脚立(四脚アジャスト式)という便利なものがあります。

通常は脚立として使うのですが、まっすぐに伸ばすとハシゴに変わり、さらに四脚アジャスト式‼︎ここが良い機能なのですが、4本の脚を50cm位伸ばすことが出来るので段差がある場所(段違い)でも安全にスピーディーに作業をする事が可能です。

ちなみにこんな感じです。image

『高齢社会白書』にみる高齢者の孤立の現状。

こんにちは、熊本の遺品整理・特殊清掃の専門店の上村です。

 

  内閣府より発表されている「高齢社会白書」によると、一人暮らし高齢者の方の

「会話」についてなのですが、3日に1回以下だそうです。1ヶ月で会話をしたのは10回以下ということになります。

若いうちは出かけようと思えばどこにだって行けますし、仕事の関係で会話もしますし、SNSなどを使ったりして人とコミニュケーションをとることも可能なんでしょうが高齢者ではそう簡単にはいかないはずです。

 

皆さんがそうだとは思いませんが、やっぱり寂しいですよね、

私が小学生の頃にはゲートボール場がたくさんあって笑い声がよく聞こえてきましたが、最近では前に比べると少ないような…

 

方法や対策はあるのでしょうか?高齢者人口は前より増えているはずなのに何故だろう。

水前寺での福祉整理

こんにちは、吉兵商店の上村です。

 

先日お見積もりをさせて頂いた水前寺での福祉整理が無事に完了しました。

エレベーターがなく、お部屋が4階だったので何往復するか数えてみました。

100往復を少しこえたくらいでしたが、内30往復くらいは優しい後輩に手伝ってもらいました(笑)  2日間でキレイに完了できました。終始、笑顔で行なうと楽しい作業に変わります。

image image

 

■ トラック車輪止め ■

こんにちは、遺品整理士の上村です。

今日はトラックに常備している車輪止めという物をご紹介いたします。

私は平らな地面では使わないのですが、坂などに車を止めるときには使用します。ホームセンターなどで売っていると思いますが、日曜大工が好きな私は自作です!作り方は廃材をノコギリで切って油性マジックで(黒、黄)地味に塗ります。次にひもを通す穴をあけて、ニスを塗って仕上げです。最後にタイガーロープを通したら完成です。

 

★注意★  車輪止めは、運転席側の前輪タイヤに使用するのが基本です。外すのを忘れて発進するのを防止するためです。

image

遺品整理も特殊清掃も、準備をおこたらない。

桜が咲きはじめましたが、今だに冬の装いの寒がりな上村です。

今日は社会人になってつくづく思うこと…

  子供の頃あんなに準備が苦手だった私でも、社会にでると準備が出来るようになりました(笑)。今までに準備不足でたくさん怒られて、たくさんご迷惑をかけてきたのだと思います。

だから準備の必要性が身体にしみこんでいるのだと思います。

  「段取り8割」と聞いたことがありますが、このことばの意味がよく分かります。

只今20時30分位、明々後日の準備をしています。これは脚立の足にフローリングキズ防止カバーを装着させた画像です。image

 

遺品整理でのヒアリング

今日はお見積もり時(遺品整理)のヒアリングについてのお話しをします。

私のお見積もりは30分以上かかります。

 

  それは、ご遺族様のお話しをしっかりと聞く事が大切だと思っているからです。

 

聞きます、とにかく聞きます、私は会話も好きですが、この時だけは「聞き手」にてっしております。お話しを聞きながら自作のヒアリングシートに要点を書いていくと「想い」がよくわかります。

 

ヒアリングは、ねんみつな打ち合わせとも言えるかもしれません。「想い」を聞かせて頂くだけではなく、作業に行き違いが起こらないようにするためでもあります。

水前寺で福祉整理

福祉事業様からのご依頼で水前寺へお見積もりに行きました。

 

お部屋は建物の4階にありエレベーターはないので階段での往復作業になるとの事。

 

こんな時は「誰かのお役にたてて、筋トレまでさせてもらうなんて幸せ者だー‼︎」と気持ちをセットすると終始笑顔です。

 

私のお店では、《8つの行動指針》を事務所にかかげています。その一つに「いつも前向きに、改善策を積極的に提案する」というのがありまして、これは自分自身の心の持ちようも含んでいます。

 

心意気なお見積書をお渡ししてきました。

 

ちなみに心意気を辞書で調べてみましたら、物事に積極的に取り組もうとする気構え。と書いてありました。

マスクの話し②

今日は「マスクの話し②」になります。

 

今回ご紹介するマスクは

防臭フェイスマスクです。このマスクは活性炭フィルターが入っているので色は黒系と言いますかグレーです。活性炭が臭気を吸着してくれますので臭いが気になる場合に使用します。臭いが強い場合はこのマスクを二重にかさねる場合もあります。しかも静電フィルターという層があり、ほこりをキャッチしてくれます。5枚入りで400円位の商品です。

 

私は匂いに敏感なほうなので使用頻度は高いです。

 

一つ難点があるとすれば、活性炭に臭気が吸着する容量をオーバーすると機能しなくなります。ちなみに私は1〜2時間程度で交換するようにしています。

image

お見積もり方 上村吉兵商店編 《その3》

たとえ家財道具や処理する物の量が大量であっても料金に差がでる理由を《その3》でご説明いたします。

 

それはズバリ‼︎

 

搬出作業のしやすさなのです。

一階か二階か、通路の広さ、段差や階段などの建物の構造、エレベーターがあるのか、トラックをどこまで近づけられるのか、台車が有効に使えるのかなどを見ています。

 

これは私に限らず他社も必ず確認されているはずです。

作業のしやすさ次第で、実は料金を大幅にお安くできる可能性があるのです。

常に適正料金を丁寧にご説明してお見積もりをしている上村吉兵商店のお見積もり方のお話でした。