お見積もり方 上村吉兵商店編 《その2》

それではお見積もりの仕方について本題に入っていきます。

 

まずは遺品の量を見ます。

2トントラックの荷台の幅が(1600)×長さ(3100)×高さ(1000)なので、大きな品はメジャーで計測しておおよその寸法を測ります。

この時に小さい品は一つの集合体としてとらえ体積と重さで考えます。

これで、トラック何台分かがわかります。

そして大切なのがここからです。《3R(リデュース減らす・リユース繰り返しつかう・リサイクル再資源化する)》この三つ(スリーアール)をあてはめていきます。これはしっかりと理解していなければいけません。詳しい説明は別の時にするとしまして、今度は3Rすると何がどのくらいの量になるのか?でみていきます。ここまででおおよその金額が出ます。

 

それでは《その3》へ

お見積もり方 上村吉兵商店編 《その1》

お客様にとって業者選びは大切なことです。

 

業者選びの際のポイントとしましては、

まず親切丁寧に作業をしてくれるのか、そしてもう一つのポイントはやっぱり料金だと思います。

そこで今回は私の見積もり方についてを「3回」に分けてお話します。

 

このお話はあまり公開したくないのですが、このブログではお客様にとって有益な情報を発信する!と決めて始めたことなので、わかりやすく書きたいと思います。

 

それでは、《その2》《その3》でご説明いたします。

 

 

 

なぜ「一緒に遺品整理」を勧めるのか?

こんにちは、遺品整理士の上村です。

 

今日はなぜ遺品の整理を当店と一緒に行う事を勧めるのかのお話です。

それは「残したい大切な品がみつかる」ことと、

もう一つは、当時の楽しい思い出や忘れかけていた記憶も一緒にみつかるからです。

 

「処理する品」が「残す品」に変わる瞬間ともいえます、当店は全てをお任せしてもらい作業をさせて頂くこともありますが

 

「一緒にしませんか?」と聞くめずらしいお店です。

遺品整理はぜひ、当店と一緒に。

上村吉兵商店の小さな取り組み、生活支援シェルターへ必要な品物を。

image遺品整理や、片付けを当店に依頼されると必ず誰かの役にたっています。

 

全国には衣食住等の生活の支援をサポートされている方(組織)があります。

正式名ではありませんが生活支援シェルターと言えばイメージしやすいでしょうか、熊本県にもあります。

  シェルターの施設長さんと、どの様な物資が良いのか?また求められているのか?などを細かく話し合って決めています。

今回は遺品の整理でキレイな洗濯機がありましたので、ご遺族様に事情を説明し気持ち良く寄付して頂きました(ありがとうございます)

いったん事務所へ持ち帰ってピカピカにして、それからシェルターへ運びました。タイトルの通り小さな取り組みですが誰かの役にたっているのです。

この取り組みもご遺族様、お客様のご理解があっての事なのです。

TSUTAYA《蔦屋》

image本屋さんの店員さんと友達になりたいという夢がある上村です。

  エンディングノートを買いにTSUTAYAに行って来ました。とても探しきれないと思いまして店員さんに

「エンディングノートってありますか?」

とたずねたら「はい、ございますよご案内します」と言われ、ピンポイントに案内して頂きました。しかも歩き方がシャープで

かっこよか〜って思いました、同時にこの人プロだなとも思いました。

本屋さんの店員さんと仲良くなりたい気持ちがアップした1日でした。

ちなみにこの時買った本はエンディングノートのとなりのとなりにいらっしゃったこの方です。

 

私の知識が少しでもご遺族様のお役にたてればという思いで買いました。

取り巻いている社会問題

少しかたいお話になりますが、

私たちが求められる理由の背景には「核家族化や高齢化の進行」が関係しています。

 

親子が別々に暮らすというのは今の時代あたりまえともいえます、

 

仕事や子育てなどの理由に限らず各家庭それぞれに事情はあるのですから。

  便りがないのは元気な証拠という話しもありますが、

時々はメールや電話でもしてみてはどうでしょうか…image

マスクの話し①

今日は「実は深い」マスクの話しです。

 

マスクはどこにでも安価で売っていて、どれもたいして変わらないように見えます。

 

でも、かなり差があるのです!今までたくさん買いました、そしてもったいないけどたくさん捨ててきました。中には、『そのマスク笑わせたいの?』って物までありました。

 

そこで‼︎

 

  今回は私のお気に入りを紹介します。

コスモス薬品で購入している40枚入りで500円位のものです、これかなり良い品です‼︎

  作業中はハードな動きもありますし会話もします、でもズレにくいんです。しかも個別包装になっています。

遺品整理の時に使うスタンダードなタイプのマスクの紹介でした。

 

《いくつか紹介したいマスク達がありますので特殊清掃のカテゴリに入れます》

image

「遺品整理、不用品処分」キズ防止にひと手間かけております。

今日は養生の話しです。

 

作業中に床や柱、扉のふちなどにキズをつけてはいけません、

当店では養生(キズガード)にしっかりと時間と手間をかけてから作業を開始します。

キズ=建物の価値を下げる。という考えもあります。持ち家でも賃貸物件でもそれは同じです。

image

不用品回収も遺品整理も上村吉兵商店では、時間と手間をかけて「しっかりとキズ防止対策をおこなっております」

熊本の遺品整理と特殊清掃【不用品回収、処分】

熊本県で遺品整理と特殊清掃、不用品回収や片付け、処分の専門店を運営している上村と申します。

 

この度は当店のホームページを見て頂きましてありがとうございます。

最近では、福祉整理やお仏壇のご供養、処理などのご利用も多くございます。

 

ホームページ内にブログ機能を付けていただきましたのでみなさまのお役にたつ情報をたくさん発信していきたいと思っております。

 

今のところ熊本県全域で活動しておりますが、九州地域においてお困りの場合はご相談ください。

 

ひとつひとつの工程に心を込めた優しい遺品の整理、特殊清掃を行っております。